こんにちは。私は東京でFP(ファイナンシャル・プランナー)をしております佐藤宏之と申します。昭和44年3月生まれの酉年です。

この度アウトドアサークルを立ち上げましたがここ5年程度登山に魅了されて、あちらこちらの山に登っています。仕事上シニアの方とお話しさせて頂く機会も多く、地域社会や個人に向けて何かお役に立てないかと思っていました。老後の心配にお金というのもありますが、心と体の健康、人との繋がりというのが一番大切であると常々思っていました。世代を超えた仲間と一生繋がりを持てるというのは素晴らしいことだと思いませんか。そのように共感できる仲間と出会えたらと思いこのサークルを立ち上げました。

20代から70代と幅広い年代の方に気軽にご参加して欲しいと思っております。

お気軽にご参加ください。

コンセプト~仲間とのつながりと交流

​主催者について

当ホームページをご訪問頂きありがとうございます。

近年のアウトドアブームに私も乗って4,5年前から登山を始めました。最初は辛いものでしたが慣れると辛いというよりもそのうち山頂に着くでしょうという気持ちになり、辛いは辛いのですが足さえ動かしていれば何とかなるという気持ちでで登っています。

 

「心と体の健康が一番!」

普段はFP(ファイナンシャルプランナー)の仕事をしており、ライフプランの作成などをしておりますが、好きなことを楽しみながら様々なことにチャレンジ出来たらきっともっと楽しく素晴らしいのではと考えてこのサークルを立ち上げました。仕事柄、老後のお金の心配の相談も多く受けますが何よりも大切なのは心と体の健康であり、心と体が健康であれば人間何とでもなる!と思っております。アウトドアやちょっとしたウォーキングなどを楽しみながら仲間と交流し、刺激を受けあえたら面白く、刺激が多い仲間の輪が出来るのではないかと思っております。

「楽しみながら仲間を作る、繋がる」

登山やアウトドアを楽しむことは非常に清々しく気分転換にもなります。それにプラスして何か面白い事が出来たらいいなと考えています。くだらないかもしれませんが、渓谷へハイキングに出かけてマイナスイオンに包まれて瞑想をするとか、山頂で全員でヨガをするなどというのも面白いかもしれません。馬鹿バカしいことでも全員でやったらもしかしたら物凄く面白いかも、かえって思い出になるのではないかと思います。安全に配慮しながら多くの人達と楽しい時間を過ごせたらと考えています。

「ずっと繋がれる仲間」

最初にどの様なことを考えたかと言えば、年代を越えた交流を持てたら素晴らしいことではないかと考えました。今後の日本は超高齢化社会を迎え高齢者が増え続ける中で、現在でも高齢者の医療費や独居老人などの問題が話題となっています。高齢者の医療費を抑制するには健康寿命をなるべく伸ばして、薬に頼らない時間を延ばしていかなければなりません。そして深刻なのは人間は年を重ねていくと独りになりがちだということです。独りでいることがどれほど辛いことか、まして年齢を重ねて体も不自由になっているのであれば尚のことだと思います。独り住まいだとしても仲間がいてくれるのであれば励みにるでしょうし、年を重ねても自分が社会なり人に対して役に立てることがあれば生きがいに繋がるのではないかと考えました。子供が少なくなる中でシニアの知恵があれば若い世代も助かるでしょうし、若い世代の力があればシニア世代も助かることでしょう。お互いが助け合うことで役に立てるのであれば素晴らしい社会が出来るのではないでしょうか。少し大袈裟かもしれませんが、そのようにお互いの力を合わせることが出来る社会が今後はもっと必要になってくると思います。

 

何かをしなければならないということではなく、一緒に様々な経験をして同じ時間を過ごし、長く付き合える仲間であることが大切なことです。そして同じように年を取った時に繋がっていられる仲間がいればどれだけ心強いことでしょう。

 

少しずつでも良いからサークルの輪が大きくなっていけばと思います。

​蓼科山での爽やかな登山者

​仕事での真面目なFP

ただの酔っ払い(下戸です)

© 2018  平日アウトドアサークル「Try it !!」

All Right reserved

主催者:佐藤 宏之(さとう ひろゆき)