瑞牆山は中止で大菩薩嶺

4月23日に瑞牆山登山を予定していましたが、雨天の為中止しました。

雨天でも行きたいとの声もあったので急遽大菩薩嶺に変更して、私ともうお一人の2名で行ってきました。

天気予報では午後から雨も上がり晴れるとの予報で、東京も雨降っていなかったので予定通りに出発しました。途中から少雨が降り始めましたが、この程度ならすぐに止むだろうと思って大菩薩嶺に到着したとたんに

雨が強くなってきた!

最初からレインウェアを着ての登山となり、蒸れムレになるかと思うと気分が下がる~

とは言え、せっかく来たのだし昼頃からは回復する予報なのでとりあえず歩きましょう!

ということで上日川峠を出発しました。

途中は雨なのでひたすら歩くだけ。大菩薩嶺は4回目なのである程度分かっていますのでひたすら歩く・・・景色も何もなくただ上を目指してひたすら歩く。

う~ん、何とも言えない修行になっている・・・(-_-;)

ただひたすら歩いたご褒美か、峠に到着する前には雨も止んできました。日頃の行いが良いのでしょうか、天気も回復してきました。

大菩薩峠に到着した時には雨も止んで少し晴れ間も覗いてきました!

雲の隙間から下界が見えます。上に雨雲もあるけれど雲海のようになっています。

こういう景色が見れるから山登りはやめられませんね。

雲海なんてどこでも見られるものだけれども、その時に見る景色はどこの景色も一番と思えるほどの綺麗な景色に映ります。山の高い低いは関係なく、その時に見られる景色は最高です!

暫しこの景色を堪能して、大菩薩嶺に向かって出発です。

てんくらでは2000mの気温は1℃とのことでしたが、そこまでは寒くはありませんでした。途中2,3組の登山者とお会いしましたが、平日のしかも雨の予報の山は人が少なくて貸し切りみたいなもので良いものです。ちょっと寂しいのですが・・・

雲の切れ間から日差しが差し込み温かさを感じながら歩き、大菩薩嶺の到着です。

大菩薩嶺に向かう途中の木から雨だれの音がしたのですがなんか大きい???

よく見てみると白いものが落ちている!木から氷が落ちているのです。まだこの季節だと2000m付近はかなり寒くなるのですね。一応防寒具はダウンまで持ってきたので大丈夫ですが、風が吹いたらかなり寒かったかもしれませんね。

大菩薩嶺は眺望も何もありませんのですぐに引き返して、尾根道との分岐点でお昼にしました。今日は寒い予報だったのでおにぎりなどサッと食べられるものと、温かいコーヒーで済ませました。

天気は回復すると思ったのですが、昼食中にすこ~し雨が・・・。急いで出発の準備をして下山となりました。下りは急ですが1時間程度で駐車場に到着し、無事に終了しました。

下山後はやはり温泉!

今回はちょっと足を延ばして「ほったらかし温泉」行ってきました。

下山した時には太陽も出てきて温かくなっており、温泉から富士山が見えるほどでした。

温泉を出た時のモードが「肉モード」だったので、ひとまず東京に帰りファミレス系のステーキを食べて帰りました。

今回も楽しい山行になりました。笑いながら登山して、温泉に入って、そして肉を食して大満足な一日でした!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018  平日アウトドアサークル「Try it !!」

All Right reserved

主催者:佐藤 宏之(さとう ひろゆき)